NFLの正しいミカタ

NFLは価値観をもってみるべき!!日本ではまだまだマイナーなNFLの気になるプレー、試合、謎を解説、紹介!NFLほどかっこいいスポーツは無い、というあなたのためのブログ。

カテゴリ: アメフト

こんにちは!
またまた間もなくスーパーボウル。前回の第49回は現役時代のチームメイトと自宅で観戦しましたが。。。
早い!時間がたつのは早い!生中継で朝一起きて観た第49回スーパーボウル。
もうまもなく50回目が行われようとしています。そんなこんなですが。。。
前回、NFL最高QBについての記事を書きましたが、これからこのブログでは、あのとき、あのプレーの”何故!?”や、プレーの仕組み、意図等のNFLならではまめ知識について解説していきます

今回は...というかしばらくは...2015年シーズンからピックアップ!

でっ!今回は本場アメリカでも今年1番話題となった第六週コルツペイトリオッツの試合の第3クォーター残り1分14秒でのコルツのパント場面。27対21でリードされた展開のコルツは、本来のパントフォーメーションではなく、

IMG_0906
センターの役割を担うWRウェイレンとスナップを受けるSSアンダーソンが中央にセット、いわゆるロンリーセンターのフォーメーション、離れて上図のように他のメンバーがセット。トリックプレーを試みる。しかし、スナップを出してすぐに、ペイトリオッツの守備陣にタックルされてあえなく失敗。
これが、NFL史に残るワーストプレイになりました。いったい何が起こったのでしょうか。

まず、このプレーの狙いはペイトリオッツディフェンスの錯乱でした。トリックプレーと読んだペイトリオッツがディフェンスバックを投入するだろうと考え、その際、混乱でフィールド内のメンバーが交代で12名以上になったときスナップを出し、反則をもらうというのが狙いでした。しかし...

ペイトリオッツはメンバーを代える事無くそのままセット。WRウェイレンがスナップを出してしまいました。すなはち、そもそもコルツはトリックプレーをする気はなかったのですね。それでもコルツも一流のプロチーム。そうなる事も想定内で、次の一手があり、ハードカウント(オフサイドを誘発するフェイクコール)でオフサイドをもらうというプレイデザインでした。
しかし、映像を観ると、ハードカウントを使っていない    
 それは...

実は....  スナップを出したWRのウェイレンは途中で怪我をしたクレイトン・ゲザースの代わりに出場。このプレイの意図はわかっていたもののハードカウントのことはしらなかった。これが今回のスナップ事故につながったのですね。この際、もう1つ失態があったとするならばサイドラインがタイムアウトをとらなかったということです。おそらく、取る前にスナップを出してしまったのでしょう。しかし、トリックプレイはここぞのプレイ。練習していない選手を使うべきではなく、ましてや新たなプレイオプションがあるのなら、絶対にプレイをしないべき。これはチームのミスであり、結局コルツはこの試合に敗れました。


正統派アンドリュー・ラックは来年もプレイオフ争いに参加してほしいですね。
今回はこの辺で!



アメリカンフットボールランキングへ

 こんにちはアメフトを何よりも愛する関西の大学生、I.Kです
今回はNFL!!!!!!!!
アメフトプレーヤーがアコがれるNFL。私も現役時代は毎週観てました今でも見続けています NFLと言えば莫大な金額をかけたサービス、スポンサー料、広告費、経済効果などなど米国1のスポーツであり、アメリカNo.1のスポーツです。そんなNFLにおいてアメリカ国内でも普遍的な議論がありますよねそれが
         
Who is the greatest QB of all time?....。
で、これをこのまま検索すると五万と記事が出てきます。しかし各記事によって全く答えが違う....うん、アメリカ人でも答えが出せないんです。しかも日本の記事が全く無い...私は数多くのQB論争記事、サイト、本を読んできました。テレビを観て比較もしてきました。そしてそれらを簡単にまとめて、誰が
ナンバーワンQBかを端的に導いていこうと思います 
(ここから字数削減のため普通の口調になります)
 
チャプター1 スターQBたち
チャプター2 良いQBの条件とは?
      その1 スタッツ その2 リーダーシップ その3 頭脳
チャプター3 トム・ブレイディ
チャプター3 No.1    -3つの理由-

チャプター4 モンタナ?ブレイディ?
チャプター5 Anti-ブレイディ、ベリチック最強説 
     
  
 ・チャプター1・ スターQBたち

まず現役no.1QB論争の輪に出てくるのが現役から3人、引退選手から約10人。

現役
 アーロン・ロジャース(パッカーズ)
6743543331_a51e89db0a_m photo by Mike Morbeck

 ペイトン・マニング
(ブロンコス)
14932554463_8d4059c198_m
photo by Jeffrey Beall

 トム・ブレイディ(ペイトリオッツ)
3866108099_1ee31073cf_m photo by Keith Allison

引退

ジョン・エルウェイ(ブロンコス) ジョー・モンタナ(49ers) ブレッド・ファーブ(ヴァイキングス、パッカーズ) スティーブ・ヤング(49ners)  カート・ワーナー(ラムズ)などなど

といったところですが、あなたなら誰に1票投じますか?

う〜ん。。。これまでの風潮、NO.1のシンボル的存在はモンタナであり、実際に討論となると一昨年(2014年)までは,マニング、ブレイディ、モンタナの3強であった。
しかし、去年、ある日を境にこれが2強となる。それはあの第49回スーパーボウル。さらに今、2015年レギュラーシーズンを終えてアメリカ国内ではこの答えが2強から1強へと変わりつつある。その1強が誰なのか。現地アメリカではその答えが出始めている。そこで、そんな意見も踏まえ、色んな視点から誰が1番なのかを考えてみましょー

    チャプター2 ・良いQBの条件とは?
  その1 スタッツでみる

 ・QBを語る上で必要となる要素の1つにスタッツが挙げられる。数字でそのQBがいかに良いパサーかを判断する。
(2015年レギュラーシーズン終了時点)
他にもワーナーやカニンガム、ムーンなど名パサーは存在するがNo.1争いのQBだけをグラフ化している。数字ではマニングがダントツの数値を誇っているそれぞれ特徴がありこれだけをみるとマニングが1番。他にも彼は2013年に55TDs/5477yds、4000ydsシーズンが14シーズン(歴代1位)、リーグMVP5回などNo.1にふさわしい数字だ。昔と違いスプレッドオフェンスが常識化した現代では数字の値が格段に大きいのも確か。

       その2 リーダーシップ

 ・いかにチームを牽引するかはQBとして求められる素質である。しかし、これは上記の選手は全員持っているであろう。。。この項目に関しては、誰も非のうちどころはない。(エルウェイはスーパーボウルで負けるまでは自己勝手だったそう笑)。モンタナは80年代では軍を抜いたオフェンス展開、”モンタナマジック”を繰り広げスーパーボウル4回の優勝を果たした(((( ;゚д゚)))
2310545904_000eed03a9_m photo by Maitri  パッカーズのレジェンドファーブ
また、ペイトン・マニングトム・ブレイディに関しては、チームメイトを自分の描くパスオフェンスに沿わすように動かすための教育を常々していることは有名だ。

   その3  頭脳
 
 ・NFLの世界はカレッジフットボールとは次元が違い、システムも異なる。またNFLの中でもチームのレベルは全く違っている。それらにはヘッドコーチ、タレント選手揃いという要素意外にも、QBの存在がチーム力を大きく作用することは明らかである。ペイトンマニングが移籍した後のブロンコスは、元々タレント揃いではあったが、プレイオフ常連となり、スーパーボウルにも出場したという事実は良い例である。そのようなQBにはフィールド状態を把握する頭脳、相手守備を読む力、賢さが備わっているのだ。
3804948351_358b9221f4_m photo by Barry Shaffer

これだけで比べてみるとマニング?って感じ。。。?
そこで生まれの国アメリカではどういう意見があるのか。そして冒頭で述べた1強とは誰なのか。


 ・チャプター3・トム・ブレイディ

トムブレイディ 193cmのちょーイケメン。では、何故彼が1番なのか。3866856294_70448f5563_o
photo by Jeffrey Beall  
193cm 102kg ミシガン大学→2000年ドラフト6巡199位でペイトリオッツ入団。
2001年 エースQBブレッドソーの怪我による代役で出場。その年チームをスーパーボウルへ導く。→優勝
2003年 3500yds以上を記録し、スーパーボウル出場→優勝 
2004年 14勝2敗でシーズンを終えスーパーボウル出場→優勝 第8週で負けるまで前年から21連
2005年 地区優勝プレイオフ
2006年 地区優勝→プレイオフ→チャンピオンシップ
2007年 シーズン、プレイオフ全勝スーパーボウル出場。敗れたもののシーズン18連勝はNFL記録。最速126試合目でプロ100勝目 
2008年 怪我
2009年 プレイオフ
2010年 プレイオフ
2011年 5000ydsを投げスーパーボウル出場→敗退
2012年 12勝4敗でプレイオフ進出
2013年 12勝4敗でプレイオフチャンピオンシップ 25度目のプレイオフ NFL新
2014年 12勝4敗で6度目のスーパーボウル出場→優勝 →2015年 

ざっとこんなキャリア。

 ・チャプター4・トム・ブレイディがNo.1の3つの理由

 ここで上の経歴から気づく事とは何か...........
 それが。。。。。そう、”勝”という文字。14年の出場キャリア(NFL16年)で13回のプレイオフ出場、その30ゲームのうち、勝ちは7割越えの22回。モンタナは7割近く勝っているが、23ゲームの出場、マニングは25ゲーム中12回勝利と5割以下の勝率。またブラッドショー、モンタナと並び4個のスーパーボウルリングと回のスーパーボウルMVP、ポストシーズン10連勝など勝ちに関する記録を次々と打ち立ててきた。これがNo.1 と呼ばれる1つ目の理由である。これほどどんな状況下であってもも爆発的なスタッツ(ヤード、TD、レート)をのこせる選手は他にいない。"選手、チーム、ファンは何を求めるか".....記録?点数?楽しさ? いやいや....それは..........そう、
勝利である。彼らNFL選手は皆、勝つために試合をしている。それはどのスポーツでも同じではないだろうか。”お前のチームに1つのことにだけ絶対的に特化したQBを入れてやろう”と言われたらどんなQBを指名するだろうか?  
ほとんどの答えがこうだ。
  絶対的リーダーシップをもったQB........もしくはTDに必ず結びつけるQB........。
しかし....本当に知っている人はこういうだろう。絶対にチームを勝たせるQB。どんなチーム状況であっても、どんなに弱小ディフェンスでも、どんな形であってもチームを勝たせるQB。それこそがクォーターバックではなかろうか。100年に及ぶNFLの歴史でこの存在に最も近いのが、そう、ブレイディなのだ。

2 INT
絶対に勝とうと思えばQBはどうするべきか。オフェンスを確実に遂行すること。ではなく...
できるだけ長くボールを支配する事。つまり、長くオフェンスをすることである。それは相手にオフェンスの機会を思い通りに与えないということでもある。しかし、そんなことは1流ランクのNFLQBには
むずかしいことではない。時間を使って且つドライブし続けることは一流選手の試合を観ていると稀な光景ではない。
3866975544_397e515430_m
photo by Keith Allison 
 
では、私が何が言いたいのか。
それはインターセプトをされないという事である。インターセプト。これはゲーム内の1度のミスかもしれないがそれが勝利と大きく関わるのだ。マニング、モンタナ、ブレイディのインターセプトを比べてみよう。
どうだろうか。マニングは251/539つまり、2回タッチダウンを投げる間に一回はインターセプトされている事になる。モンタナも同じく2回に1回。対してブレイディは150/428でおよそ3回に1回。つまり21点を取るまではディフェンス時以外で相手にボールを譲らないという事になる。それは試合を観ていれば良くわかる。ペイトリオッツファンの方々はよくお分かりだろう。彼は何よりも早く守備を読み、適当なコールに変則させる。無理投げも絶対にしない。また投げるぎりぎりまで守備を観ているため、レシーバーとの間に相手が入るとわかると地面に軌道を落とし投げ捨てる。ブレイディは誰よりも、ボールを譲ってはいけないという事を意識し、徹底しているのだ。彼の記録として、連続INTなしパス試投335回というものから、自身プロ初被INTは162投目、2007年にはTDとINTの差が42という記録を作り、2010年にはそれら比率が9:1という数字もたたき出している。

3  遂行力

16年のプレイシーズンの中で彼の凄さが浮き出るのは4年中3回優勝を含む前半8年より、優勝1回の後半の8年のほうである。2007年はスーパーボウルで負けたもののパーフェクトシーズン目前18連勝、いくらレシーバ−がタレント揃いでもこれはなかなかできない(事実ペイトリオッツだけ)。また2011年に再度ジャイアンツにスーパーボウルで負けた年もタレント揃いではあったがパサーとしての記録は多く残している。しかしそんな事はどうでもよくて....
題にもある通り、遂行力、リーダーシップとも言えよう、例えば、2013年シーズン、ペイトリオッツはヘルナンデスの逮捕、ウェルカー排出、バリーンの怪我、さらにはメイヨーの離脱、極めつけはグロンコウスキーの怪我で絶望的な開幕を迎える。正直ヘボチームとも言える......ドラフト外やルーキーのレシーバーとルーキーラインマンで構成された状態で、第五週にはレシーバーがついて来れずに自身の連続TDゲームも52で止まってしまうということもあった。しかし、その状態下でチームをプレイオフに導く。スーパーボウル手前のチャンピオンシップではブロンコスとの一戦。その年のブロンコスはマニングがブレイディの持つ記録、50TDsを上回り最高のQBと称される。しかし...考えるとブロンコスは攻守共にタレント揃いである事はもちろん、レシーバー陣は全員超一流で構成されたチーム(ブレイディが50TDsの年はスター選手はモスだけ)。結局そこでブレイディは1ポゼッション差で破れる。その後スーパーボウルでブロンコスはシーホークスに大敗する。
2014年シーズン。またも大きくメンバーが入れ替わる中で駒を勝ち進め、6度目のスーパーボウルに出場する。相手は昨年ブロンコスを圧倒したシーホークス。→勝利。このときの面白いデータがある。前年マニングは34回のパス成功でスーパーボウル記録を樹立するも9点に終わる。翌年ブレイディが37回で新記録を更新し、28点をあげて勝利。相手は同じシーホークス。結論はこうだ。様々なパサーとしての記録を持つマニングよりも、QBとしての記録を持つブレイディの方がチームに求められるのだ。前述した通り、ブレイディは多くのメンバー交代を経験している。そして、オフェンスのタイプがマニングとは異なる。パス主体にテンポよくドライブするマニングとは違い、パスが短く、ブレイディはそのときの対戦相手に適応させたオフェンスを展開する。ランが通る時は、いやほどランを出す。それに、戦術の一部ではあるが、ロングターゲットは好まない。反則をもらう技術もいやというほど兼ね備えている。また、ペイトリオッツは毎年ランがほぼ最下位だ。ほとんどパスでしか稼げない(相手はほとんどランをケアしなくてよい)。もちろん、スターレシーバーも少ない。にもかかわらず、TD、ヤードなどパサーとしての記録はほぼ歴代3位圏内だ。おそらくこのまま2位まではいくだろう(1位はマニング)。このパサーの記録としてはマニングは頭一つでている。しかし、勝利という2文字は、ブレイディ、モンタナにしか存在し得ないとも言えるのではないだろうか?前述した通り、インターセプトの少なさも求められる。けがの少なさも良いQBの条件だ。ブレイディは2008年を除いて怪我がほとんどない。

 
 ・チャプター4・モンタナ?ブレイディ?


となると伝説のQBモンタナブレイディ
16957047632_722e24565f_m photo by artistryofdeanhuck 16357559416_2755007fd4_o photo by WEBN-TV

どちらがか。まず、これだけスタッツで上回っているブレイディがモンタナと同じ、4度目のリングをとってからも何故モンタナと比べられるのか。その理由として6分の4回の優勝のブレイディに対し、4回出場で4回優勝のモンタナのほうが勝負強いということがあげられる。またスーパーでのインターセプト0、歴代最高レイティングなど、ブレイディを超える勝負強さを持っていたことも確かだ。本当にジェンド逆に、ブレイディとの類似点も多い。ポケット内でターゲットを探し、ラッシュを躱す能力が高い。プレーごとに全員の動きを頭に描き、今どのレシーバーがどの辺りにいるかがわかっている。身長はモンタナが大分低いのだがテンポでパスを出していく。ブレイディに関しては、守備陣の間の数センチをコントロールする。さらに、この二人は何といっても落ち着いている。キックオフから試合終了まで、常に冷静にすべてを判断し、遂行する。ラッシュが来ても全く焦ることはない。
こんな二人を比べたときに、何故ブレイディが1番なのか。

→それは、記録を塗り替え続けていることもそうなのだが、変わりゆくメンバーの中でトップクラスの記録を更新し続けている事、そして、長年にわたる強さを保ち続けているという事が理由である。それも突然出場の2年目から。考えていただきたい。メンバーがコロコロ変わる学校の部活は強い年と弱い年がある。スポーツ校は上手い選手だけを入学させる。NFLはそんなスポーツ校と違い、ドラフトで、且つ、前年の下位チームからの指名なので、強いチームは良い選手をドラフトできない上に、選手排出などでどんどん弱くなっていく。そこで15年間にわたり、プレイオフ、スーパーボウル争いに出場するということが他のQBにはできるだろうか。また、スタッツだけでみても、モンタナの記録はブレイディには到底及ばない。また、モンタナマジックと称された逆転劇の数々があるが、実際逆転勝利の数はマニング、ブレイディがモンタナよりもかなり多い。つまり、80年代のアメフトではとてつもない活躍、印象を与え続けたということが、レジェンドと成っている要因の1つだということは否めない。それでも昨年、ブレイディが4度目のリングをとってからも尚、1番と認められなかった。その理由とは・・・

 ・チャプター5・Anti-ブレイディ、ベリチック最強説


トム・ブレイディがNo.1と認められない理由は2つ。1つがプレイオフ進出できるのはチーム力であるという意見によるものだ。彼が4つのリングと数々のプレイオフ勝利をあげたのはビル・ベリチックらの存在によるものだというものである。確かにベリチックはフットボールの奇才であり、歴代最高のヘッドコーチの一人である。選手に対する扱い、洗練された洞察力でチームに大きな影響を与えてきた。では、HCがよければQBは誰でも良いのか。
 1991年から95年まで彼はブラウンズのヘッドコーチを務めた。その時のQBがあのテスタバーティ。しかしどうだろうか。4年間のチーム戦績は36勝44敗。
また、2000年ブレイディの前のQB、ドリュー・ブレッドソーは超一流の名の下、10年1億ドルの契約を更新した上、ペイトリオッツファンからも絶大な支持を得ていた。ベリチックが就任した2000年、5勝11敗でシーズンが終わる。しかしブレッドソー率いるペイトリオッツは95年にスーパーボウルに出場している。
逆にこういう話がある。マニングモンタナはオフェンシブコーディネーターの変化が無い(1チームでの)のに対し、ブレイディ4度の交代を経験している。コーディネーターの交代は大きな分岐点となる。実際、今年、マニングはコーディネーターの入れ替えで成績を残せなかった。また前者二人、特にマニングはコルツ時代だけで実に8度の1巡オフェンス選手(キャリアポジション)を手にしたのに対し、ブレイディは通算で3度(実際に試合に出たのはテリー・グレンのみ)だけなのだ。4年で3回優勝した時のレシーバーもブラウン、ブランチ、パッテンドラフト下位選手のみだ。代わり続けるメンバーの中で歴代のパサー記録、QB記録、勝利記録を更新し続けるブレイディ。これほどの選手はいるだろうか。ブレイディでなかったらもしペイトリオッツのQBだった選手たちは彼と同じことができるか。答えはお分かりの通りであろう。
そしてもう1つ。1番と認められなかった(認められない)理由。それは
Hateである。つまり、彼を嫌う人が多いのだ。勝つためにいろんな事をしてくるいやらしさ。長年NFLのトップに名を連ねる常勝軍団。ジゼル・ブンチェンとの婚約。プロボウルに呼ばれても欠場する(本人が興味ない笑)...すべて完璧にさえ見える。ファンでなければ憎らしい存在だ。実際2015シーズンもシーズンMVPを暫定するアンケートでボストン周辺のみのNFLファンがブレイディをあげ、他多数がニュートンかパーマーを推薦している。どうだろう。スタッツだけでみてもブレイディが1番で文句は無いだろう。そして何よりこのレシーバーがいない(エデルマン、アメンドラ、グロンコウスキー怪我)状態と、ランニングバック不足(怪我)、ディフェンス陣の怪我多数という問題、空気圧問題による開幕後の世間からのプレッシャーにも関わらず、開幕10連勝、5週目までINTなしという過去最高レベルの結果をのこしている。誰がみてもMVPは明らかなのだがやはりそこにはHateがあるのか。トム・ブレイディという人間は、愛されるか嫌われるかなのだ。ちなみにブレイディ、マニングの両クォーターバックとプレイした選手はブレイディが1番と言っている選手が多い。また、モンタナ自身もブレイディのモンタナ越えを認めている。

・チャプター6・最後に...

現在、No.1QBを決めるにおいて、尽きない要素の数々をふまえた議論が交錯しています。事実、アメリカカナダの友人とこの話題になると、男女問わず会話に交じります。やはり、他のスポーツと違い、深く、広い視点で考えるスポーツだからなのか、すべての事に正解はありません。ただ、勝つ事こそが究極の至上とするならば、やはり、ブレイディが1番では無いでしょうか。そして、それこそが本来の 
     ”パサー”ではなく、”クォーターバック”ではないでしょうか。

今年もスーパーボウルが開かれます。これから誰がリングを手にするかはわかりませんが、やはりまだベテランQB陣に頑張ってほしいと。。。これから他のNo.1となりえるQBが登場するかもしれません。時代がモバイルオフェンスへと完全に移転してしまうのでしょうか...はたまた常識が残るのでしょうか...いずれにせよ誰もが好きなQBはナンバーワンと思うものです。あなたのQBはだれですか?

 
アメリカンフットボールランキングへ

↑このページのトップヘ